本文へスキップ

Taniguchi Restoration Studio

TEL. 090-4400-6981

〒456-0052 愛知県名古屋市二番1-11-16-101号

版画・色紙の修復例

版画のしみ抜き例

しみ抜きは、着物に発生する褐色スポットを除くことを意味し、
版画には使いにくい用語です。
ここでは、代わりに「クリーニング」という用語を採用します。







上の写真は、L・イカールのクリーニング例。









上の写真は銅版画のクリーニング例。
(2013年 4月実施。所有者様のご厚意により写真掲載)









上の写真はリトグラフに起きた、ヤケのクリーニング例。
(写真の版画は一部です。2014年 5月実施)


アルフォンス ミュシャ(Alphonse Mucha) 絵葉書(ポストカード)






 ミュシャの絵葉書はリトグラフ刷りで、100年くらい経過しています。

いろいろな汚れ、ヤケ、しみがありますが、紙がしみ抜きに適していないので、 難しいと云われているようです。

私の工房では、オランダで学んだ修復法により、効果的にクリーニング出来ます。

料金は1点10000円です。

画像は、修復前と後です。


版画のしみ抜きのご注文は、トップページ内の版画の
しみ抜きを均一料金で承りますをご覧下さい。



色紙のしみ抜き例







私の工房では、色紙を一切分解せずに、クリーニングしています。

分解して行う方法より長所が多数あります。

■色紙に破れが発生しない。

■水性の画材が使われた色紙でも、色が溶けることはない。

■作業が速い。よって、ローコストである。

反面、分解して行う方法より、クリーニングの効果は低いのは否めません。
もっとも、分解して行う方法で何でもきれいに出来る訳でもありません。

上の画像は書の色紙のクリーニング例で、分解しないで行う方法では効果の高かったもの。

色紙のしみ抜きのご注文は、トップページ内の色紙のしみ抜きを均一料金で承りますをご覧下さい。

---修復実績---
手塚治虫、赤塚不二夫、相撲、野球、著名人、東郷青児・・・






谷口絵画修復工房

〒456-0052
愛知県名古屋市熱田区二番1-11-16-101号

TEL 090-4400-6981
FAX 052-682-0611
email;syuuhuku@gmail.com